スタッフブログ

岡田 岡田

雨の日の洗濯物問題を解決する家

室内物干し・ランドリールーム・雨の日の洗濯物

 

本日は、雨の日の洗濯物問題の解決方法についてお伝えします

 

 雨の日も雪の日も洗濯物からは逃れられない

 主婦の私は、過去に何度こう思ったことでしょう

お天気に左右される代表的な家事が「お洗濯」

 

雨が続いたり、寒い時期は、洗濯物問題でお困りの方が多いと思います

 

昨今なぜかはやっているコインランドリー

みなさんは、ご利用されたことありますか???

 

私も、ラグなどの大物を洗いたい時にはたまに利用します

が、洗剤が選べないのが好きではなく、もっぱら敷物のみ利用です

蛍光剤が入っている洗剤の様で、コットン素材などの白いものが黄ばみます((+_+))

あと、香りもきついものが多いのです

 

コインランドリーを利用している方を、何気に横目で観察してみると・・・

それぞれの利用の仕方があるようです

 

お年を召された方は、多分家では洗濯はしないようで

下着やタオルなどの日常のすべてのものを、洗って乾燥して持ち帰る方

 

子育て世代は、雨が続いたときに、たまった洗濯物をすべて洗って乾燥して持ち帰る方

 

冬場や雨の時は、家で洗って乾燥だけしに来る方(多分重いです)

 

布団やシーツなどの大物を洗って乾燥する

 

などなどです・・・が

そもそも 雨の日や冬に洗濯物に困る原因は「乾かない」ことです

 

洗うことはできても 乾かすことができない

 

雨だから・・・冬だから・・・しょうがないとあきらめるのではなく

いつでも洗濯物を乾かせるようにすれば、問題は解決です

 

雨や気温の問題だけではなく、花粉やPM2.5、黄砂やカメムシの類の害虫もあります

 

洗濯物が、屋外で問題なく干せる日の方が多分少ないかもしれませんね

 

リビングが物干し場に・・・

 

洗濯物問題を考慮しない家に住むと、リビングや部屋のあちこちに

洗濯物がぶら下がることになります

 

冬は、暖房しているリビングが一番早く乾きます

雨の日も、その家によってさまざまですが、干せる場所に出現してきます

そのうち、一年の半分以上、その場所が物干しスペースとなるのです

 

乾けばいい・・・のですが

すっきりおしゃれな暮らしとは程遠い光景です

 

そして実は・・・

この光景を見続けていると、環境脳科学の分野では貧乏になるともいわれています

見た目に好まないものを、見続けるのはやはりよくないようです

 

おしゃれとか以前の問題で、貧乏神が家に住み着く、ことになるようです

 

 

室内物干しスペースは必須

 

一年のうち、半分は外で干せない(乾かない)のであれば、室内物干し場所は絶対的に必要になります

トイレと同じくらいに考えてもいいくらいだと思います

トイレのない家はないですね

 

室内物干しの場所よりも、リビングを広くしたいわー

となると、広い素敵なリビングには、必ず洗濯物が出現してきます

 

 

vitahausビータハウスでは、洗濯物問題を解決する間取りを

10年以上前から積極的にご提案しています

 

家族の人数や家事動線を考慮し

脱ぐ場所

洗う場所

乾かす場所

収納する場所

 

これらが効率よく行えることが、日常の家事ストレスから解放されます

 

女性も男性も当たり前に仕事をする時代

お洗濯はご主人の担当という家も増えつつあります

そうなると、屋外に洗濯物を干せるのはもはやお休みの日だけになりますね

 

本日は、室内物干しの場所とスペースの重要性についてお伝えしました

皆様の間取りのヒントにお役立てください!(^^)!

 

次回は、もっと効率よく

室内干し3時間で洗濯物を乾かす方法についてお伝えします♪

 

 

 

 

 


もっと事例が見たい方におススメ

VITA HAUS~ビータハウス~の施工事例写真が多数掲載されたBOOKを無料プレゼント♪

 

憧れのカフェのような家づくりを叶えた家族のお家を訪ね、素材やインテリアについて詳しく取材しました。
実際のお家で使われている建材や家具などディテールにも注目しているため、これから新築やリノベーションをお考えの方にはきっと参考になると思います。

資料請求はこちら

 

記事一覧

ページトップへ