スタッフブログ

岡田 岡田

室内干し3時間で洗濯物を乾かす方法

物干し部屋と趣味の部屋とメイクroom

 

 本日は、室内干し3時間で洗濯物を乾かす魔法の裏技のご紹介です

 

塗り壁と無垢フローリングで短時間で洗濯物が乾く

気温が低い日や、雨の日などは、洗濯物が乾きにくいですね

前回、ご紹介したように、室内干しスペースがあったとしても、乾くまで時間がかかると、嫌な臭いのもとになったりもします

 

が、室内の壁をしっくいや珪藻土などの塗り壁にすると・・・

たった3時間で洗濯物を乾かすことができるのです

 

塗り壁は、呼吸します

したがって、その作用により湿気を吸収してくれます

そして、室内干しのスペースにエアコンを設置しておくことで、さらにスピーディーに乾くのです

気温が高い季節は、サーキュレーターなどでも十分効果的

 

朝洗濯して干すと昼には乾いている

夜帰宅してすぐに洗濯すると寝る前には乾いている

 

これはとても合理的で、時短家事にもなりますね

 

一般的なビニールクロスで仕上げた場合は、、湿気を吸ってくれることはありません

そのため、エアコンやサーキュレーターの風で乾かすことになりますが

塗り壁にした場合は、洗濯物の湿気をお部屋の壁が吸ってくれることが

とても大きな力を発揮するのです

 

かといって、洗濯物を乾かすために塗り壁にする、というわけではありません

 

塗り壁仕上げは、家の中の湿度を適度に保ち、お部屋の空気がとてもクリーンになります

カビなどのアレルゲンも発生させにくく、

人が長く住み続ける家には最適の仕上げ材だと思います

 

石油から作られるビニールクロスは、施工性が良く、色んな色柄の再現が可能ですから

現在では、当たり前に使用されていますが

ビニール製品である以上、部屋の空気を整える効果はありません

 

最近では、珪藻土をなどを表面に施したものなどもありますが

年数がたつと、すみっこからはがれてきたりも…するようです

 

お値段的には、塗り壁はビニールクロスよりも高くはなりますが

トータルで生活の質や健康を考えると、やはり塗り壁に軍配が上がります

 

室内仕上げ材としては、コストやデザイン面から取り入れる人は多くはありませんが

 快適なお家ライフをご希望されるかたには、

採用されることを自信をもってお勧めします(*'ω'*)

 

アクセントにお好きな色柄のクロスを使って

洗面室やリビング、寝室などは塗り壁にするなど

お部屋ごとの、最適なご提案を差し上げています

 

「住むだけで幸福になれる家づくり」が得意な

ビータハウスへのご相談は、こちらから

京都滋賀でナチュラルな家づくりのご相談はこちらから

 

 


もっと事例が見たい方におススメ

VITA HAUS~ビータハウス~の施工事例写真が多数掲載されたBOOKを無料プレゼント♪

 

憧れのカフェのような家づくりを叶えた家族のお家を訪ね、素材やインテリアについて詳しく取材しました。
実際のお家で使われている建材や家具などディテールにも注目しているため、これから新築やリノベーションをお考えの方にはきっと参考になると思います。

資料請求はこちら

 

記事一覧

ページトップへ